130116 こんぴら昔

詳細情報
 
詳細

通しNo.627
ID130116
分類番号
卒業年
卒業年 (西暦)
卒業年次旧職員
著者名塩田月史
著者よみがなしおたげっし
書名こんぴら昔
書名よみがなこんぴらむかし
出版社琴平山文化会
出版年平成4
出版年 (西暦)1992
作品解説俳誌『紫苑』の主宰者。わずか2頁の随筆。金刀比羅宮には月の輪熊が飼われていた。鶴も放たれていた。「春泥や目を患へる神の鶴」「金毘羅の古き記憶の桜狩」「お練り巫女かざす紅葉に頬染めて」などの自句も交えた俳文。「こんぴらみな月句会」平成3年11月の作品も紹介。「露の戸に別れ惜しみし日も昔」22名の42句を掲載。
データリスト

アクセス権限がありません.
更新内容

アクセス権限がありません.