先輩文庫拡充へのお願い

かけがえのない自分の本一冊を「先輩文庫」へ

 

香川県立観音寺第一高等学校は、平成22年(2010年)創立111周年目になる本年度に、110周年記念事業の一環として資料館の整備、特に「先輩文庫の充実」を期しています。

先輩文庫 画像「観音寺一高先輩文庫」は昭和56年より集め始めた観音寺一高の同窓生が寄贈した著書を指します。
旧制三豊中学校・三豊女学校、観音寺一高卒業の同窓生の著作物を献本していただき、大切に保存しているものです。4月現在百周年記念館に約400冊が収納されていますが、今後更に多くの著作を収蔵し永久保存、母校後輩の参考図書に供したいと願っております。

形式的制約はなく、「自著」であればよいことになっています。単独出版を原則としていますが、共著でもかまいません。体裁も書籍扱いされるものが望ましいのですが、私家版ふうに製本された「自分史」のようなものも収集しています。「自分はこのように生きてきた」というような体験記を自分で綴じたものでもよいです。

出来るだけ多くの人の「かけがえのない自分の本」を一冊(できれば二冊)母校へご寄贈献本してください。よろしくお願いします。